会社沿革

1951 ●大阪で会社設立(昭和26年)
●注文住宅への注力により評判を高め、後の基礎をつくる
1960
●「人の生活を研究し、技術を磨き極めて創る」という企業理念を表した「小堀住研株式会社」に社名変更(昭和40年)
1970
●大証二部に上場(昭和48年)
●東証・大証とも一部上場(昭和53年)
●木質系「小堀ハウス55」企業化計画受理され国家プロジェクトに参加
1980
1990 ●CIを導入し、これまでの企業理念を更に発展させて、「エス・バイ・エル株式会社」に社名変更(平成2年)
エス・バイ・エル株式会社
●21世紀を見つめた豊かな生活文化の創造企業をめざして新スローガン「明日の魅力ある住まいを創る」を発表(平成9年)
2000 ●デザイン力、設計力の再構築をめざした「M2000 プロジェクト」開始(平成12年)
●創立50 周年を迎える
●全工場において「ISO9002」及び「ISO14001」の認証を取得
※構造部材の生産に関して、エス・バイ・エル住工(株)つくば工場・山口工場で取得
●環境理念・環境方針制定(平成14年)
●環境報告書発行(平成15年)以後各年発行
●「ISO9002」から「ISO9001」へ移行
※構造部材の生産に関して、エス・バイ・エル住工(株)つくば工場・山口工場で取得
「ISO9002」から「ISO9001」へ
●品質・性能、活動強化に向けて「木を科学する。SxL」を発表(平成17年)
●経営改革活動「イノベーション55」開始
●強さと美しさにこだわった「新しい日本らしさ」を求める住まいづくりをめざして新スローガン発表(平成20年)
新スローガン 「ジャパニーズ・モダン宣言」
●国土交通省「超長期住宅先導的モデル事業」(平成20年第1回)「長期優良住宅先導的モデル事業」(平成21年第1回)に採択
2010
●創立60周年を迎える(平成23年)
SxL 60th anniversary
●株式会社ヤマダ電機(現、株式会社ヤマダホールディングス)と資本・業務提携(平成23年)
●「株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム」に社名変更(平成25年)
ヤマダ・エスバイエルホーム
●「株式会社ヤマダ・ウッドハウス」設立(平成25年)
ヤマダ・ウッドハウス
●グッドデザイン賞2016年度受賞(平成28年)
◇施工者育成プログラム
※ヤマダ・ウッドハウスにて受賞
グッドデザイン賞2016
●キッズデザイン賞2017年度奨励賞受賞(平成29年)
◇施工者育成プログラム
※ヤマダ・ウッドハウスにて受賞
キッズデザイン賞2017
●「株式会社ヤマダ電機(現:株式会社ヤマダホールディングス)」の完全子会社となる(平成30年)
●「株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム」、「株式会社ヤマダ・ウッドハウス」、「エス・バイ・エル住工株式会社」、
「ハウジングワークス株式会社」が合併し「株式会社ヤマダホームズ」誕生(平成30年)
株式会社ヤマダホームズ
●ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018 優秀賞受賞(平成30年)
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018
2020
2021 ●「株式会社ヤマダレオハウス」、「株式会社ヤマダ不動産」を吸収合併(令和3年)