夏は涼しく、冬は暖かい、一年を通じて心地良い住環境づくりは、家の気密性や断熱性が大きなポイントとなります。 Felidiaは高性能のグラスウールや吹付断熱を使用、気密性や断熱性に優れているため、外気温の影響を受けにくく、快適な室温が維持できます。 そのため冷暖房のコストを削減できるので、省エネ効果も高くなります。
家計の冷暖房費に大きく反映されるのが、住まいの省エネルギー性能です。 旧省エネ基準の住宅と比較をすると、年間冷暖房費の約40%のコスト削減が可能です。
※右のグラフは、4人家族・2階建て・延床面積42.9坪・オール電化住宅で設定。
※2012年3月時点での東京電力の電気料金で、旧省エネ:Q値5.2、次世代省エネ:Q値2.7、エアコン使用(機器効率COP:冷房4.24、暖房4.59)にて試算。
※一般的な生活条件による試算結果であり、当社が保証するものではありません。
標準仕様の吹付断熱で、一年を通して快適な住空間を実現。 高い断熱性能のある硬質ウレタンフォームを、 スプレーのように住宅の内側から吹き付けることで、隙間のない気密性に富んだ断熱性能を発揮し、 快適な住空間を提供します。
透湿性を備えたグラスウール断熱材です。ノン・アスベスト、ノン・フロン、ノン・ホルムアルデヒドを実現し、家族の健康や安心に配慮しています。 密度や厚みの種類が豊富で、床や壁をはじめ、施工が難しい箇所など、幅広い部位や用途に対応できるのが特徴です。
高性能グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってできる空間が熱を伝えにくくする断熱材です。 一般のグラスウールに比べて高性能グラスウールは、繊維径が細く本数が多いため、断熱性能がさらに向上します。
適度な弾力性があるので、隙間のない断熱施工が可能です。 密度や厚みの種類が豊富で、施工が難しい箇所にも対応できます。
高性能グラスウールは水蒸気を通しやすい素材でできているため、床合板の湿気を逃がします。 ※吹付断熱を施工した場合でも床は高性能グラスウールを使用しています。
Felidiaに標準仕様の遮熱シートは、通気層構法における外装下地材として、高い性能を発揮します。 夏涼しく冬暖かいという遮熱性能と、躯体の劣化や腐敗を防ぐ透湿・防水性能に優れているだけでなく、これらの性能が長続きする、強靭な建材です。
Felidiaの遮熱シートは、赤外線反射率約85%※という、高い遮熱性を有しています。 夏は屋外からの輻射熱を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。
高い断熱クオリティをもつ断熱樹脂サッシは、ハイレベルの断熱性能を実現し、次世代省エネルギー基準に適合します。 Low-E複層ガラスの断熱性能は、単板ガラスの約4倍にも及び、その高い断熱効果から冷暖房費を大幅に節約することができます。
複層ガラスに“気体の断熱材”ともいわれるアルゴンガスを注入し、断熱性を格段に向上させました。 不快な結露の発生も、大幅に低減。 冬の寒さの厳しい地域でも、その効果を発揮し、快適な暮らしをつくる窓です。
結露は住まいの天敵です。結露とは室内の暖かい空気と外気の冷たい空気との温度差によって、 空気中の水蒸気が水滴として窓の表面に生じることですが、不快な上に住まいの寿命をも縮めてしまう一因にもなります。 断熱樹脂サッシとLow-E複層ガラスを組み合わせた窓は、断熱性能が高まるために、外壁気温を室内に伝えにくくするというメリットがあります。 そのため、結露がしにくく、カビやダニの繁殖を抑えることができ、健康的な住まいになります。