従来の木造在来工法では弱点とされた柱と土台、梁と柱などの接合部分に対して、構造金物を使用(木造軸組メタル在来工法)し、 さらに強度を高めるため外周へ耐力面材をはることによって耐力を高めるのが、ティンバーメタル工法です。
阪神・淡路大震災で倒壊した住宅の多くが接合部の強度不足だった教訓をいかし、適材適所に耐震金具を配し、安心して長く住み続けられる強い家づくりを実現しています。 従来の木造在来工法を超越した、パフォーマンス性能の高さも特徴です。
また、Felidiaでは、柱・土台に4寸角の集成材を使用。そして耐腐朽性、耐蟻性の高い檜集成材を用いることで、シロアリから家を守ります。
※Felidia 3rdの場合、ティンバーメタル工法を採用しておりません。木造在来工法となります。
木造建築を頑強に組み上げる上で最も重要なポイントは、金具を施工する際に柱や梁の断面欠損を減らすことです。 しかし、従来の木造在来工法(木造軸組工法)では、柱と梁の仕口加工として、柱に2方向以上の彫り込み(断面欠損)が行われていました。 その結果、各部の強度が弱まり、木造建築の揺れへの脆さが露呈したのです。 ティンバーメタル工法を使用した場合、取り付け用ボルト穴(12mm)の加工だけで済むため、断面欠損を最小限に抑えることが可能です。 さらに、金具が柱や梁の内側に収まり表面に出ないため仕上がりが大変きれいです。
ボルトレスのため、金物が外部と接触することがほとんどありません。 そのためヒートブリッジと呼ばれる、外壁と内壁の間にある柱などが熱を伝える現象が起こりにくくなります。 結露の原因を抑え、省エネ効率も高くなります。
メタル接合部の出幅が小さいため、断面欠損が少なく、見た目もすっきりきれいな接合部になります。 また、梁の現しなどもきれいな仕上がりになります。
古くから良質な建材として知られるヒノキは、建立1300年以上と伝わる世界最古の木造建築「法隆寺」の構造にも使用されています。 防虫効果、耐水効果、強度などすべての面において高い水準を誇っています。 ヤマダホームズのFelidiaでは、ヒノキ集成材を柱・土台に標準仕様で採用し、長年にわたって安心して暮らせるよう、柱・土台の素材にこだわっています。
Felidiaでは、メーターモジュールの建物に4寸角の柱・土台を標準仕様としています。 建築基準法に定められた3.5寸角と比べて、4寸角は約1.3倍の断面積で強度がアップします。 さらに柱が太くなることによって、万が一の火事の場合でも柱の内部まで火が到達するのに時間を要するため、耐火性も向上します。
※仕様により柱・土台の寸法が変更となる場合があります。
※Felidia 3rdの場合、柱:杉集成材 土台:檜乾燥材 となります。