「ベタ基礎」と呼ばれる、建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える基礎(耐圧盤)を採用しています。 一般的な「布基礎」と呼ばれる1階の壁の下だけに基礎を配置する形と異なり、家の荷重を底板全体で受け止め、建物を支えるため、 負荷が分散して安定性に優れることになります。耐圧盤コンクリートは150mm厚で不等沈下を抑制します。
※画像はイメージ図です。 構造計算により仕様が変更になる場合がございます。
当社が採用するベタ基礎は、建物の外周や柱の下だけでなく、底部全体を鉄筋コンクリートで支えるため、不等沈下を起こしづらくなります。 一方、布基礎では、建物の壁の下のみに連続して設置した基礎が支える仕組みで、床下に湿気がこもりやすいという難点もあります。
強固な基礎構造にするために、鉄筋の配筋にもこだわりました。基礎の立ち上がり部分の主筋には、直径13mmの異形鉄筋を採用。 ベース部分(耐圧盤)は200mm間隔で直径13mmの鉄筋を格子状に配筋します。 細かく配筋することで鉄筋量を増やし、より強固な基礎づくりを実現しました。
当社では優れた耐久性と強度を誇る鋼製束を厳選して採用。基礎のベース部分と大引きの固定を確実なものにします。 この鋼製束には防錆加工が施されているため、シロアリや腐朽菌に侵されにくい仕様となっています。
※1本あたりの耐荷重2t以上
当社が採用する住宅基礎保護システムは、既調合弾性ポリマーセメントモルタルに着色剤を配合した弾性カラーモルタルです。 特徴として住宅基礎表面の微細なクラックの発生を軽減し、地面からの水の染み込みを抑制することで、長期的に美観を保つことができます。 また汚染を解消し、基礎コンクリートの中性化を抑制する効果があり、基礎の耐久性を向上する効果があります。