奈良県 S様邸

土間から直接つながるオープンな間取りで、自分らしいスタイルを楽しむ住まい

ヤマダホームズ リビングダイニングキッチン

土間から玄関ホール、廊下、LDKまでの空間がひとつにつながった1階の大空間は、3方向の窓から日差しがたっぷり入り、大きな空間の隅々まで明るくさわやか。開放感を優先するためスケルトン階段を使い、リビング側だけにスリット入りの壁を設置。スリット幅を細くしたのは、子ども達が落下しないように、との配慮から。グレーをベースカラーにし、木目とアイアンをあしらったクールなモダンスタイルに、ファブリック使いやグリーンでウォーム感をプラスしています。奥さまのセンスが存分に発揮された「オシャレ重視」な空間になりました。

外 観
モダン
内 観
モダン
階 層
2階建て
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/友人を招く住まい/開放的な空間づくり/いつも家族の顔がみえる

建築地: 奈良県

延床面積: 116.76㎡(35.31坪)

大学で環境デザイン学科を卒業した奥さまが、何よりも優先させたのが「オシャレ重視」。確固たるこだわりを持って家具や小物を厳選。そのこだわりをプランニング段階から発揮し、コの字型キッチン、スケルトン階段、洗面・浴室以外の空間を全てつなげたオープンな間取りを実現しました。

ヤマダホームズ ダイニングキッチン

こだわり01

壁付けのキッチンにオーダーテーブルを組み合わせてコの字型にしたキッチンは、奥さまの一番のこだわりであり、お気に入りの場所です。「目の前に大きな窓が欲しい」「ダイニングテーブルを置きたくない」「大勢の来客にも対応できるように」という理由でこの形に。大きなテーブルは調理台に、食事テーブルに、ミシンやアイロン、パソコンなどの作業テーブルに、子ども達の勉強デスクに、と多用途に活躍。「配膳も片付けもすごくラク」という点でも大満足。こだわって選んだ、緑みのあるグレーの壁紙とタイルがデザインのアクセントになっています。

ヤマダホームズ 玄関

こだわり02

当初はリビングをとり囲むコの字型の大きな土間を考えていましたが、予算の都合でこの形に。土間の一角には土足で入れるシューズクロークを用意。靴はもちろん、ベビーカーやアウトドアグッズもたっぷり収納できて、玄関周りをいつもすっきり保つことができます。玄関とリビングの間にはドアや間仕切り壁を一切つくらず、玄関ホールの空間までリビングに取り込んで、さらに広々と開放的にしています。

ヤマダホームズ 子ども部屋

こだわり03

2階の子ども部屋は、3方向の窓から日差しが入るので、非常に明るく健康的。テントやテレビ、ソファまで揃えて、子ども達が楽しくくつろげる空間に仕上げました。

ヤマダホームズ 外観

こだわり04

外観の色は、「外壁は絶対に黒がいい」という奥さまの希望。道路側の窓は大きさや位置も、見た目を考えてバランス良く配置しました。玄関ドアを開ければそのまま奥まで見通せるオープンな間取りなので、外構では、玄関の正面に壁を立てて中を見せないように配慮しています。

住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ