兵庫県 K様邸

多趣味な2人のアメリカンヴィンテージの平屋の住まい

ヤマダホームズ リビング

開放感にこだわったリビングには大きな窓をつくり、勾配天井を折り上げ天井にして、より高さを感じられるように演出。見た目だけでなく、「勾配天井に音が跳ねて響きがとてもいい」のだそうです。折り上げ天井にはかねてから憧れていたシーリングファンを取り付け、家具、小物、壁の色使いで、大好きなアメリカンヴィンテージスタイルにコーディネート。中庭にはウッドデッキをつくって、リビング空間を屋外まで広げる予定です。

外 観
洋風スタイル
内 観
洋風スタイル
階 層
平屋
“こだわり”条件
夫婦で楽しむ住まい/友人を招く住まい/趣味・収納のスペース/開放的な空間づくり

建築地: 兵庫県

延床面積: 98.95㎡(29.93坪)

ギター、プラモデル、自転車、キャンプ…多彩な趣味を持つKさんご夫婦。以前住んでいた2LDKのアパートでは、趣味の作業スペースも収納も足りなくなり、転居を考えていたときに、奥様のご実家が所有する空き家を建て替えて住まないか、との提案が。土地の広さに余裕があったことから
、「ムダな段差のない家にしたい」と平屋建てにし、中は憧れのアメリカンスタイルに。外壁と室内のアクセントウォールには大好きなデニムの色を使い、リビングの勾配天井にはシーリングファンを設置して、ゆったりのびやかな空間に。以前そこにあった祖父の家のように「親族が集まる家」として使える広さも確保しつつ、収納を必要な場所ごとにたっぷりとつくり、趣味の作業スペースも用意。すみずみまで考え抜いたこだわりの住まいが完成しました。

ヤマダホームズ ダイニング 趣味

こだわり01

ダイニングの壁はよりギターが映えるように一面だけデニム色に。1930年代のアメリカ製のギターでも、「ただ集めるだけではなく、使ったり手入れをしながらでないと意味がない」とのことで飾る収納にしました。
スペースにゆとりを持たせて、ギター演奏のステージにしたり、親族が集まったときに子どもが遊べるスペースとして活用しているそうです。

ヤマダホームズ リビング 趣味室

こだわり02

リビングの隣には趣味室を配置。生活の中で、趣味が大きな割合を占める2人にとって、引き戸を開ければリビングと一体化するこの場所こそ趣味室にぴったり。今は主にプラモデル用の部屋として使用しています。玄関は、コレクションの自転車を飾るために広さを確保。自転車の手入れをしたり、親族が大勢集まったときのために、土間の奥行きも広めに確保しています。靴箱を置かず、シューズクロークをつくって、よりすっきり広々とした印象に仕上げました。

ヤマダホームズ キッチン

こだわり03

ペニンシュラ型キッチンの奥に通路をつくって、希望していた回遊式の間取りを実現。さらに、その奥には引き戸でつながる洗面室とランドリールームを用意。食事や洗濯に関わる作業がほぼここだけで手際よく完結する、共働きのご夫婦にとって理想的な家事動線を実現しました。

ヤマダホームズ 外観

こだわり04

「外壁材は、大好きなデニムのインディゴブルーをイメージした色を選び、それに合わせて屋根、軒下、サッシ、玄関ドア等のデザインを選びました」とKさん。外観は、巧みな色使いで明るく個性的なアメリカンスタイルになりました。

住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ