防災・あんしん
火災報知器の設置や、バリアフリー工事、耐震シェルターの設置など、暮らしの安心と、防災リフォームをご提案。

住宅用火災警報器 建物完成から10年が経過するお客様へ。

  • 住宅用火災警報器の交換時期を迎えていませんか?
  • 住宅用火災警報器の交換時期を迎えていませんか?
  • 住宅用火災警報器が古くなると、電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しなくなることがあり、とても危険です。 火災警報器設置時に記入した「設置年月」、または、本体記載の「製造年」を確認してください。
    • 10年を目安に必ず交換して
      いただくようお願いしています。
      住宅用火災警報器の交換時期(目安)は、設置から10年。 これは一般社団法人日本火災報知機工業会でも推奨している交換時期。 電子部品の寿命等に備え、早めの取替えをお願いします。
    • いざという時のために、
      定期的に作動確認を !
      故障している住宅火災警報器をそのままにしていると、いざ火災が発生した場合に正常に作動せず、火災の発見が遅れ、大切な家族の命や財産を失ってしまう可能性があります。
  • ヤマダホームズからのお願い
  • お引渡後10年が経過するお客様へ、火災警報器のお取替えをお願いしています
  • お引渡後10年が経過するお客様へ、火災警報器のお取替えをお願いしています
  • 無線式連動型住宅用火災警報器
    ※写真はイメージです。
  • 逃げ遅れ防止のためにも、無線連動型をお勧めします。
  • 逃げ遅れ防止のためにも、無線連動型をお勧めします。
  • e-スマイルShopで購入できます
  • e-スマイルShopで購入できます

耐震シェルター 災害に強い木質系耐震シェルター

  • 大切な家族の命を守る。

  • 災害時、万が一の住まいの倒壊に備えた、
    ヤマダホームズの耐震シェルター
  • 阪神・淡路大震災で亡くなった方の原因の約3/4 が「圧死」によるものでした。家屋の倒壊における生死の決定は、災害時の事前の備えにより左右されます。 充分な耐震設計をしていない2階住宅の場合、大きな縦揺れ地震が起こった際、1階部分が倒壊し、2階部分がそのまま圧し掛かってくるという事例が多く発生しております。
    ヤマダホームズの提案する耐震シェルターは、建物1階部分に設置することで2階部分の倒壊、圧力に耐えられる高強度を持つ耐震シェルターです。
  • 阪神・淡路大震災の死亡原因
  • シェルター無し
  • シェルター有り
  • 各種強度試験にもクリア

  • 実寸大のシェルターで、各種強度試験を実施。
    信頼できる実験結果と性能を確立。
  • 圧縮耐荷重試験

    100t以上の圧力を加える圧縮耐荷重試験において、シェルターは9mm以下の歪みしか発生しません。 これは象が20頭乗っても耐えられる値に相当します。 建物2階部分がそのまま圧し掛かっても十分な性能を保ちます。
    荷重計測モニター 鉛直加力機
    埼玉県建材試験センターにて鉛直荷重テストを行いました。
  • 落下物試験

    1.5tのガレキを、3mの高さから落下させた試験。突き出た角材などの衝撃や落石などから、シェルター内部を守ります。
  • 耐震シェルター実験動画

  • 大掛かりな施工は必要ありません。

  • シェルター俯瞰図
  • 設置イメージ
  • ヤマダホームズの耐震シェルターは、すでに建築された住まいの中に設置する事も想定しています。 建物の構造躯体とは切り離した、設置型の構成なので、今ある生活の中に設置が可能です。 普段はキッズスペースや就寝スペースとしてご使用いただき、いざという時の避難スペースとなります。
  • 製品仕様

  • シェルターの役割とは

    身を守るため住宅の耐震化を進めることが重要ですが、大がかりな工事を行わなくても比較的手軽に設置できる耐震シェルターです。 耐震シェルターは、家屋が倒壊したり、家具が倒れてきたりした際、上からの荷重に耐えて、中にいる人の命を守るための装置です。
  • シェルターサイズ
  • 仕様
  • 仕様
  • シェルター写真
  • ※耐震シェルターの設置は1階となります。
    ※設置する場所により追加費用が発生する場合があります。