マイナスイオンで免疫向上と癒し

  • マイナスイオンで免疫向上と癒し
  • マイナスイオンで免疫向上と癒し
癒しとリラクゼーション、快眠サポート

癒しと
リラクゼーション、
快眠サポート

  • 森を呼び込み、まるで森林浴を

    しているような心地よさ。

    森林浴効果の中でもよく取り上げられていますが、「プラス空気イオン」では酸化の影響で疲れやすく、「マイナス空気イオン」環境では酸化が抑制されることが研究発表されています。 酸化現象は老化現象にも少なからず影響があるとされており、これを軽減することで、アンチエイジングへの期待も高まります。

    ※効果や感じ方には個人差があります。

  • 森を呼び込み、まるで森林浴をしているような心地よさ。
心地良い空気が、健康を呼び込む。

心地良い空気が、
健康を呼び込む。

ハイブリッド効果の秘密は、
室内空気のイオンバランスを

コントロールする
「空気イオン改善装置」

  • ウェルネスエアーはいわゆる「マイナスイオン発生器」ではありません。自然界に存在する空気イオン※を上手に利用する新発想のシステムです。

    ウェルネスエアーは、高品質木炭塗料を部屋の天井や壁面に塗布し、そこに「空気イオン改善装置」で微弱電流を流して、天井、壁面をマイナス帯電化。 そうして発生するごく微弱な静電気によって、空気中のニオイ、化学物質などのプラス空気イオンを天井や壁面に引き寄せて、室内のマイナス空気イオンの割合を高めるというシンプルな考え方のシステム。 その結果、室内は清潔で、いわゆるマイナス空気イオンに恵まれた空気環境がつくられ、森林浴効果に近い癒しや心地よさ、あるいは快眠や健康促進が期待できる住空間に生まれ変わるのです。

    ※空気イオン、その中でもマイナス空気イオンは一般にマイナスイオンと呼ばれているもので、正しくはマイナス荷電(帯電)粒子のこと。

  • ■ウェルネスエアーシステム概念図

    高品質木炭塗料の塗装面にマイナス電気を加えることで、室内の空気をキレイに・・・

    ウェルネスエアーシステム概念図

    ■室内空気のイオンバランス改善概念図

    有害物質とともにプラス空気イオンが壁に引き付けられ、マイナス空気イオンが優位な環境に。

    室内空気のイオンバランス改善概念図

NK細胞の活性化を実証

森を呼び込む「ウェルネスエアー」で、ウィルスやがん細胞と戦う〈NK細胞の活性化〉を実証。 免疫力を高め、健康年齢(健康寿命)の向上をサポート。 住まいづくりは、予防医学の領域まで“深化”しました。

ウェルネスエアー効果を実証

ウェルネスエアー
効果を実証

  • ウェルネスエアー環境下での

    「NK細胞の活性化」、

    「免疫力の向上」を実証。

    〈ヤマダホームズとアーテック工房〉〈川崎医科大学 大槻教授〉による産学協同で、ウェルネスエアーの効果を長期間にわたって検証。 モニターの住まいにウェルネスエアーを導入し、3カ月ごとにON・OFFを繰り返してその都度採血・採尿を行って生体反応を解析しました。 その結果、通常の空気環境であるOFFの状態ではNK細胞の活性減少が認められたのに対し、ONの空気環境ではNK細胞の活性増強が認められ、その学術論文は国際学術誌「PLOS ONE」で世界に紹介されました。

    ※PLOS ONE...URL https://www.plosone.org

    「Enhancement of NK Cell Cytotoxicity Induced by Long-Term Living in Negatively Charged-Particle Dominant Indoor Air-Conditions」より

  • NK細胞の活性化度合いをモニター分析

    7人のモニターそれぞれの実生活環境で、3ヶ月毎にウェルネスエアーのONとOFFを約2年間にわたって繰り返し、その都度に採血・採尿・生体解析を実施。

    ウェルネスエアー環境下での「NK細胞の活性化」、「免疫力の向上」を実証。
    ウェルネスエアー環境下での「NK細胞の活性化」、「免疫力の向上」を実証。

    ※P値とは、実験によってその結果が偶然発生する可能性を示す尺度。 P値が0.031の場合「偶然ではない可能性は96.9%(偶然起こる可能性は3.1%)」となります。 P値が小さくなるほど偶然の可能性が低くなり、0.05未満であれば統計学的に偶然ではなく、有意性があると考えられています。

免疫年齢を向上

免疫年齢を
向上

年代とともに低下する免疫力を、
ウェルネスエアーで元気に。

  • 細菌やウイルスを攻撃したりがん細胞の増殖を抑制する免疫力。この機能を司るのがNK細胞をはじめとする免疫細胞です。 免疫力は10代後半~20歳がピークで年齢とともに低下し、50代にはピーク時のおよそ半分になりますが、80歳以上の長寿の方の免疫力は中年並みを保っているそうです。 免疫細胞を活性化させることは、元気な期間を延伸させる健康年齢(免疫年齢)の向上に、とても大切だと言えます。

  • 免疫年齢を向上
  • 川崎医科大学 医学部

    大槻剛巳教授のお話

古来より炭の効能はよく知られているものですが、特別な多孔性の炭と電圧を加えることでマイナス荷電粒子優位な室内環境を構築できます。いわば森や滝の周囲のような状況です。 この新たな室内環境で、これまで短期(2時間半)、中期(2週間夜間)滞在型の試験や、健常人の末梢血を使った実験的な検討で、過剰にならない程度の免疫賦活化、特にがん細胞やウイルス感染細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞が活性化することが分かってきました。
そして、実際の住居に本仕組みを導入していただいた方々の検討の結果、3ヵ月の居住期間でも、ナチュラルキラー活性が上昇することが分かりました。 森の、そして滝の環境を住まいの中に。そんな住居環境を構築できたと思います。